店長日記

もりたけの店長森竹和己です。ここでは当店のおふとんでお客様の睡眠をより良いものにするための、いろんな情報を発信していきます!

148

昨日「まくらの高さ調整のDMが届いたよ」 といって一昨年にご購入された市内の30代前半のご夫婦が小さなお子ちゃまを連れて来店されました。

当店のお客様の多くは中高年の女性が多いのですが、エアーやなどの機能性の高い寝具や、自分だけのまくらなど、最近は健康志向の商品に若い世代のお客様が関心を持たれていることを実感します。

家族の中でお布団屋さんに買い物に行くのはやっぱりお母さんとおばあちゃん。でも今回は30代のご夫婦でご来店されたことがとても嬉しいです。

ご来店の理由は・・「まくらは特に問題はないけど、合わせないより合わせた方がいいかなと思って」だそうですが、そんな程度でご来店いただけたことが嬉しいです。そんな程度でいいんです。

おかげさまで今回はエアーのダブルもご購入いただきました。

睡眠でお悩みがあけば気兼ねなくごご相談くだい。当店スタッフがしっかり対応させていただきます。

さっき(夜9時頃)事務所で仕事をしててお腹がへったのでどうしようと思いながら、お向かいの中華料理屋さんに行きました。一人で食べていると、近くの焼肉やさんほか飲食を数店もっておられる社長さんファミリーとご一緒になり顔を見るなり近づいてきて「おーいいとこにおった。羽毛ふとんにタバコで穴開けちゃって直してくれる?」

もちろん守備範囲でおやすいご用と引き受けたのですが、穴を塞ぐんじゃなく側生地そっくり替えてくれというリクエストをいただき、オマケに生地の質はお任せでいいよとのこと。

普通はお客様といろんな要素を積み上げてリフォームまで至るのですが、細かいことはすべてショートカットでご注文をいただけるなんてまるで神様みたいなお客様です。

とはいえそんなオーダーはめったあるもんじゃないので、これは神様が私の日々の努力を見て、「たまにはこいつに楽に仕事をくれてやるかぁ」ってな感じで、中華料理屋さんでお客さんと出くわすようしてくれたんだな。なとどくだらいことをふと思った夜でした。

もちろん羽毛診断士の私がお預かりしたおふとんはきっちりと仕上げさせていただきます(^^)

当店駐車場の小さな花壇に、毎年この時期になるとアマガエルの”キタムラくん”(名前の由来はナイショ!)がひょっこり出てきます。

毎年同じキタムラくんとは思えないので、違うキタムラくんかもしれませんが・・。

前に秋本番のころ花壇をいじっていると、スコップで掘った穴の近くで冬眠体勢に入ろうとしていたキタムラくんを起こしてしてしまったこともあったり。

同じキタムラくんかどうか、コンクリートとアスファルトに囲まれた花壇にどうやって来るのか、という二つの疑念が晴れずモゴモゴしてます。

とりあえず元気な姿を見せてくれて嬉しかったです。

キタムラくんはいったいどこから来るんでしょうかね(?_?)

飯田の夏の風物詩となっている“人形劇フェスタ2013″開催が間近になり、丘の上の商店街も及ばずながら側面から応援しています。

その一つが”ウインドウ人形展” それぞれのお店の商品や道具などを利用して人形に見たて、ウインドウに飾り付けるイベントです。

当店の今年のテーマは「赤ずきんちゃん」  おおかみと背景は梱包用の使用済み段ボール箱を切り貼りし、ベッドと掛けふとんは商品そのまま利用しています。わりと大きくて迫力がありますのでぜひ見に来てください!!

今年はウインドウ人形展のスタンプラリーも行われ景品も出るそうなので、たくさんお店を見て回り楽しんでくださいね。

人形劇フェスタ開催期間  8月6日(火)~11日(日)

エアー・ポータブルの括りに”日本人はやっぱり「フトン」ですね”から、ふとん豆知識を一つ

実は、アメリカでも「ふとん」はあります。品名は勿論「FUTON」

ググればすぐ引っかかりますし、勿論 e-bay でも検索できます。

イメージ的にはいわゆるソファーベッドです。

背もたれ部分を倒せばベッドになるタイプのものや、ウレタン製で拡げればマット、畳めばソファー的な物も総称して「FUTON」と言います。※”掛けふとん”はFUTONとは言いません。

これは、戦前にアメリカの西海岸に移民した日本人が、やはりベッドが体に合わず、自分たちでふとんを仕立てていましたが、ふとんを見たアメリカ人が、ソファーベッドのフレームにふとんを乗せて使い出したことが始まりだそうです。

目的としては簡易ベッド(フレームにふとんを掛けるだけの手間なしベッドなので、場所もとらないし撤去も簡単)だそうです。

見た目は、ふとんと言うより小中高の体育館で使う運動用の白いマットにうり二つ的なものが、1970年代頃からバリエーションが増え今に至っているので「FUTON」で検索してもいろんなタイプがありますよ。

おふとん屋さんでは、おふとんを仕立てます。当たり前の話ですが。

そうするとどうしても生地の半端がでます。その端切れをためておいて、小豆を入れてお手玉を作ったり、巾着袋、ポケットティッシュケース、ちょっとした敷物等々ご来店のお客様にお店からの感謝の気持ちとして差し上げてます。

いつもあるわけではないですが、もしご来店の折にレジの横にあったらご自由にお持ちいくださいね(^^)

暑苦しい季節がやってきました。

エコで涼しく眠れる寝具が動き出しました。

「エアーマットン」は立体構造編物。通気性抜群でお手入簡単、水洗いができます。

お使いの敷きふとんやベッドの上に置くだけで寝苦しい夜も快適になります。しかも体圧分散効果が高く、ぐっすり睡眠! 店内体験コーナーでお試しを!!