店長日記

もりたけの店長森竹和己です。ここでは当店のおふとんでお客様の睡眠をより良いものにするための、いろんな情報を発信していきます!

144

エアー・ポータブルの括りに”日本人はやっぱり「フトン」ですね”から、ふとん豆知識を一つ

実は、アメリカでも「ふとん」はあります。品名は勿論「FUTON」

ググればすぐ引っかかりますし、勿論 e-bay でも検索できます。

イメージ的にはいわゆるソファーベッドです。

背もたれ部分を倒せばベッドになるタイプのものや、ウレタン製で拡げればマット、畳めばソファー的な物も総称して「FUTON」と言います。※”掛けふとん”はFUTONとは言いません。

これは、戦前にアメリカの西海岸に移民した日本人が、やはりベッドが体に合わず、自分たちでふとんを仕立てていましたが、ふとんを見たアメリカ人が、ソファーベッドのフレームにふとんを乗せて使い出したことが始まりだそうです。

目的としては簡易ベッド(フレームにふとんを掛けるだけの手間なしベッドなので、場所もとらないし撤去も簡単)だそうです。

見た目は、ふとんと言うより小中高の体育館で使う運動用の白いマットにうり二つ的なものが、1970年代頃からバリエーションが増え今に至っているので「FUTON」で検索してもいろんなタイプがありますよ。

おふとん屋さんでは、おふとんを仕立てます。当たり前の話ですが。

そうするとどうしても生地の半端がでます。その端切れをためておいて、小豆を入れてお手玉を作ったり、巾着袋、ポケットティッシュケース、ちょっとした敷物等々ご来店のお客様にお店からの感謝の気持ちとして差し上げてます。

いつもあるわけではないですが、もしご来店の折にレジの横にあったらご自由にお持ちいくださいね(^^)

暑苦しい季節がやってきました。

エコで涼しく眠れる寝具が動き出しました。

「エアーマットン」は立体構造編物。通気性抜群でお手入簡単、水洗いができます。

お使いの敷きふとんやベッドの上に置くだけで寝苦しい夜も快適になります。しかも体圧分散効果が高く、ぐっすり睡眠! 店内体験コーナーでお試しを!!