真綿をコットンだと思っていませんか?

真綿は「綿」の字がついているので、コットンの一種とおもわれがちですが、
真綿は天然素材の女王「シルク」と
同じ繭から作られています。

夏さわやかで、冬あたたかな、肌触りの良い高級な素材です。

真綿のおふとんQ&A

ひつじのたけちゃん、 「真綿のおふとん」の中身は何だか知っておるかな?
え~!?真綿だから、まわた・・・綿に決まってるでしょう!? 博士、変なこと聞きますね~

 わた・・・ 綿・・・ 綿といえばこれ 綿花 ⇒コットン

いやいや、それが大間違い! 真綿は「コットン」とは違うのじゃよ!

「真綿」はコットンではなくシルク100%のこと

シルクですか?シルクといえば・・・・カイコのマユから出来るんですよね?

 シルクと言えばそう…カイコの繭のこと

では・・・真綿のふとんの作り方を紹介しよう!

 ※細かい行程を省いてざっくりと説明しています※

マユを お湯で煮ます

穴をあけます

 穴から手を入れて ふわっとなるまで広げます

                       

ひとつのマユがこんなに大きく広がるんですねぇ~びっくり!!!
プロの職人がやるときれいな均一の網目になるのじゃよ。

 何枚か重ねます

さらに薄く均一に広げます

すごーい!いったいいくつのマユが使われてるんですか?

 例えば3枚重ねたものを 200回(枚)挽いて、600回とするとマユ600個が 使われている ことになります

手作業でパイ生地を作るように何層にも重ねて丁寧に作られる・・・ これが真綿のふとんなのじゃよ!

 

当店で取扱している西川産業の手引き真綿ふとん。
手引き回数やマユの量、
シルクの原料の種類(産地)により、価格が変わります。
お肌にやさしい天然素材のおふとんを
ご希望の方はお気軽にお問い合せください。

 

 

⇒真綿のお布団はこちらのページから購入できます

お気軽にお電話くださいtel 0265-22-0254